インタビュー
役所の事務職
からの転職
専門学校を経て
新人として入社
VOICE05
A.Y
ほぐしや 溝口店
2017年入社

努力が確実に次につながる仕事

市役所で事務系の仕事をしていましたが、13年目に退職して整体の専門学校へ。前職では安定は得られましたが、定期的な異動により1から勉強をし直すことの繰り返しでした。「積み重ねた実績が自分に残る仕事をしたい」という思いが転職の動機だったので、今は毎日が楽しいです。長くサッカーをやっていたので、身体に関わることに興味もありました。東邦を選んだ理由は、会社説明会でたくさんのフリー質問に答えてくれたことで、疑問を作らない風通しの良い社風を感じたから。現場経験が浅いまま入社した私ですが、入社後の研修は東邦のレベルを実感する素晴らしい機会でした。実際に、格安店でないにもかかわらず、どの店舗にも老若男女、多くのお客様が来店されていることが、その証だと思います。そして、お客様自身も施術士の意見を良く聞いて、納得して任せてくれる方が多いです。今は技術力の向上とともに指名数の向上も目標にして、頑張っています。

お客様のニーズを見極めたい

東邦で働いて1年。休日には疑問点を調べ直して勉強しています。東邦マッサージには研修システムがあるので常に技術のブラッシュアップもでき、モチベーションを高く保つことができています。同僚や先輩もベテランばかりなので「自分も成長しなくては」と常に刺激も受けられます。まだ難しいと感じることは、お客様が求めているのはリラックスなのか改善なのか、その見極め。それを判断したうえで、ニーズ以上の成果を提供することを自分のテーマとしています。お客様の状態はさまざまですが、担当した症状すべてが自分の経験の引き出しとなっていくことが嬉しいです。私の今のレベルなら、他の店に就職していたなら、すでに「上手いね」と言われていると思います。でも、ここではまだまだ。だからこそ、もっと上を目指したい。最近ではいつでもベストパフォーマンスができるように体調管理に気を配り、お酒の量も考えるようになりました。

ページの上部へ